香りの害と化学物質過敏症

2019年2月6日 14時35分 | カテゴリー: 活動報告

昨年、香害の調査をしている時、化学物質過敏症の方のDVDを知り、早速購入しました。「いのちの林檎」という完全無農薬で栽培を始めた農家でつくられた林檎によって救われたというドキュメントです。映像が始まって間もなく、ゴルフ場で農薬を散布すると苦しくなってという段階で写されたゴルフ場の映像と農薬散布のお知らせ文書、まさか生田緑地ゴルフ場?と思いながら見ているとまさに川崎国際ゴルフ場でした。

この農薬散布に関しては、決算審査特別委員会でも取り上げたところです。20年以上前から神奈川ネットはゴルフ場の農薬散布についてその内容を公表するべきとしてきました。当時はクラブハウスの入り口近くに散布される農薬の一覧が表示されていましたが、この数年チェック出来てなかったことから、確認したものです。周辺住民には伝えているとのことでしたが、公表を求めました。

その農薬散布が一因で化学物質過敏症に苦しんでいらっしゃるその状況は衝撃でした。今回は、香害ということでアンケート調査をし、議会でも取り上げて来ました。消費者行政センターによる啓発のポスターは出来ましたが、化学物質過敏症は因果関係が不明とのことで、残念ながらポスターには健康障害は盛り込まれませんでした。しかしながら世の中には香りやにおいで本当に困っている人がいることも分かりました。このことを知らせ、安全で安心な環境をつくりだしていくことを提案していきます。