介護の日フォーラム

2016年11月19日 07時17分 | カテゴリー: 活動報告

11月11日は介護の日、この日に横浜市開講記念会館で東京、神奈川で生活支援、在宅支援を展開している市民団体とともに介護の日フォーラムを開催しました。

介護の日IMG_1800 第1部では淑徳大学教授の鏡 諭さんによる介護保険の改定により発生している課題や今後に向けて講演でした。

介護保険は第1号被保険者と第2号被保険者が保険料を払っていますが国全体でも利用者は7.8%です。そしてますます制度はあっても利用出来ない制度になろうとしています。たびたびおこる介護殺人は介護現場の厳しい実態を表していると指摘しました。

第2部では、東京と神奈川の団体から活動から見えてくる課題を提起しました。ここでも介護.生活支援の現場の実態がみえてきます。改正された介護保険法により始まった介護予防日常生活支援総合事業では、生活支援を地域の多様な主体にとしていますが、様々な課題を抱える現場に対応して、適切な支援が出来るのか、こうした点についても引き続き調査を重ね市民の目線で提案をします。