誰もが安心して外出できるまちづくり

2016年9月16日 12時48分 | カテゴリー: 活動報告

9月11日視覚障がい者福祉協会の集まりにお邪魔しました。会場で、ホームドアを早くつけてほしい。ホームは本当に危ないとのお話を伺ったところです。地下鉄でのホームからの転落死亡事故も記憶に新しく、狭いホームを歩く恐怖も強く感じます。白杖の使用や盲導犬と一緒の視覚障がい者の方が安心して外出できるハード面のまちづくりも必要です。

さて川崎市議会では9月議会が始まっており、各会派からの質問からもホームドア設置に関しては関心の高さがうかがえます。

川崎市内にはJRをはじめ私鉄の各路線がありますが、ホームドアの設置は私鉄の一部です。JRの駅には設置されておらず、朝夕の乗り換えで混雑する武蔵小杉駅などの設置を望む声が多く聞かれました。