地域福祉の拠点!藤沢市の縁側事業

2015年12月4日 08時59分 | カテゴリー: 活動報告

  地域の縁側事業「ちょこっと湘南台」に11月27日伺いました。
 藤沢市では地域福祉交流事業として地域の縁側事業を行っています。運営に関して市の単独事業として、週の開催回数に応じて補助金が出ています。現在市内に14カ所ありますが、基幹型が2カ所と基本型12カ所が運営されていました。ちょこっと湘南台は、運営法人はなく、地域の市民の皆さんの任意団体による運営ですが、そのほか社福やNPO法人などが主事業を行いながらの運営という所もあります。
 誰もが気軽に立ち寄れる多世代の居場所、気軽に相談ができ必要に応じて、専門機関につなげるとのことでした。
 川崎市でも中学校区でという議論はありますが、藤沢市では小学校区に地域の居場所、相談機能を持たせていきたいとしていました。超高齢社会に向けてまた、参加型の取組みとして先進事例を学びました。